居心地の良いオフィスの基本 ビジネスマナー

オフィスにおいて指示を受けるときのビジネスマナー

会社で仕事をするときは、指示を受けて行うときと、自分で行うときがあります。入社したてのときは仕事のことがわかりません。ですから指示を受ける割合が多いでしょう。そのうち、どんどん任されるようになって、自分の判断で行う仕事も増えてきます。ただし、上司がいる場合においては、上司から仕事を受ける事もあります。そのうち、組織を任されるようになってくると、指示を受ける機会は減り、逆に部下に指示をしていくようになります。

以前であれば年功序列がありましたから、上司と部下の関係は年齢の上下関係と同じことが多かったようです。今はそれは崩れつつあります。上司と部下との関係で、年齢の低い上司が高い部下を持つこともあります。会社としては効率のためにもその方が良いことがあります。オフィスにおいて、このような場合にどのようなビジネスマナーが必要かになります。上司から指示を受けたとき、部下としてはそれをきちんと理解して、行わなければいけません。

年齢に関係なく、まず呼ばれれば自分の仕事に関係なく上司の元に行きます。そのときは必ずメモをもっていくようにします。そして指示についてのメモを取るようにします。簡単なことだから取らなくてよいとはしないほうが良いでしょう。5W1Hをきちんと書き、指示が終れば確認をすることになります。自分の予定の絡みがありますから、期限に問題がある場合はそのときに確認しておきます。どのような仕事でも遅れるのは評価を下げます。

PR情報