居心地の良いオフィスの基本 ビジネスマナー

オフィスのビジネスマナーで元に戻す

自宅において、片付けることができない人がいます。何かを出したら、それをそのままにしてしまいます。また別のものを出してきたら、さらにそのままです。ですから、出したものがどんどん増えていきます。すると、出した元のスペースが空きます。そこで別のものを置いてしまいます。そうなると、以前に出したものは元に戻すことが出来ません。自宅でしたら困るのは自分のみですからよいですが、多くの人がいるところではそういった行為は許されません。

オフィスにおいて、仕事をするうえで、いろいろなものを使うことがあります。資料を使うこともあれば、備品を使うこともあります。このとき、自宅同様に自分のデスクの上に置いたままにしてしまうことがあります。そうすれば、その資料を使い人が使うことができません。備品においても他の人が使えなくなります。他の人の仕事に影響を及ぼすことになります。ビジネスマナーとしては、使ったものはきちんと戻すようにすることがあります。

物理的なものに関しては目に見えますから、意識をすればできるかもしれません。帰るときに机にあるものがきれいになるように心がけます。さらに必要なのは電子データなどです。これも使ったら使ったままの人がいます。何らかのデータにおいて、更新をして保存をすることがあります。また、グループで作成した資料を一つのところで保存するのであれば、そちらも守るようにします。それによって、情報の共有ができるようになります。

PR情報