居心地の良いオフィスの基本 ビジネスマナー

オフィスにおけるビジネスマナーで肯定的な姿勢

今のところ、タイムマシンはありません。ですから、過去の時代に行くことはできません。もし行くことができたら、過去に行って現代の技術でいろいろなことをしてみたいと思うでしょう。過去においては自動車などはありませんでしたから、すばやく荷物を運んだりすれば商売が出来るかもしれません。でも、これらの技術に関しては、過去の人が、努力をして生み出してきたものになります。その時代にはありえないものをどんどん発明することで実現できたのです。

会社において何らかのサービスを提供したり、商品を販売するとき、常に新しいものを求めていきます。このとき、新しいことについて出来ないといってしまうとどうなるでしょうか。新しいものへの朝鮮ができないことになります。オフィスにおいては、どんどん新しいことを行っていくことがあります。そのときにそれを肯定的に受け止める姿勢がビジネスマナーとして必要です。出来ませんと否定的に行っていれば、何もできないことになります。

もちろん何事もではありません。無理難題を突きつけられたときに、それをこなすことで体を壊してはいけません。何か仕事を与えられたときに、自分なりに分析する力があれば、判断をすることできます。今までしたことはないけれど、がんばれば出来そうなことはあります。そのような時はどんどん挑戦していきます。全く未経験のことで、方法についても見当がつかないときは、受けるのは良いですが、サポートしてもらうようにします。

PR情報