居心地の良いオフィスの基本 ビジネスマナー

オフィス訪問の際のビジネスマナー

お客様のオフィスを訪ねたときのビジネスマナーは、よく見られています。逆に自分がお客様になった場合のことを考えてみればすぐにわかると思いますが、ビジネスマナーがなっていないと「この人は駄目だ」と思ってしまます。この人は駄目というのは、ひいてはその人の会社は駄目、つまりこの会社とは取引ができない、となってしまうのです。このことでわかるように、ビジネスシーンでは第一印象が非常に大切です。挨拶も、ぼそぼそと挨拶をしていては暗いイメージを与えてしまいます。お客様の前に出ると緊張してしまいがちですが、挨拶が萎縮していると心に余裕がないことが伝わってしまいます。背筋をぱりっと伸ばして、にこやかに、朗らかに挨拶をしましょう。それだけで相手の心は緩むものです。

また、訪問時は身だしなみも大切です。これも第一印象に大きく影響しますから。よれよれのスーツで訪ねても、いい印象を持ってはもらえません。ぴしりとした落ち着いた色のスーツに、のりの利いたワイシャツで挑みましょう。派手すぎるネクタイは避けましょう。女性の場合もブラウス等の色やデザインには気を使ったほうが良いと思います。デザイナーなどのクリエイティブな業界では、パンチの効いた服装のほうがインパクトがあって良いのかもしれませんが、大抵の業界では無難な服装がよしとされます。髪型やカラーも重要です。金髪や奇抜なヘアスタイルではなく、スタンダードな頭髪で訪れるのがビジネスマナーです。

PR情報