居心地の良いオフィスの基本 ビジネスマナー

オフィスにおけるビジネスマナーでお茶の出し方出され方

日本での伝統的な飲み物としては、日本茶があります。苦い印象があるので、子供は苦手の場合もあるかもしれません。でもある地域の小学校には、蛇口から日本茶が出るといわれています。お茶の名産であることと、お茶が風邪の予防に利くなど健康に良いことからのようです。普通お茶といいますと、わざわざ入れないといけないものですから、蛇口をひねると出てくるのはうれしいものです。その学校の子供は、お茶が好きになるのでしょう。

日本人にとってなじみのあるお茶ですから、いろいろな場面で使われます。オフィスにおいても使われることがあります。ビジネスマナーとしては、まずはお茶の出し方を知っておきたいです。季節によって熱いお茶を出すときと冷たいお茶を出すときがあるようです。熱いときは湯のみを温めて出すようにします。冷たいときは、テーブルなどが濡れやすくなるのでコースターなどを敷きます。お茶だけでなく、コーヒーを出すこともあります。

お客さんが来られたときはお茶を出すことになりますが、自分自身が客として出向く場合はお茶を出されることがあります。このときにどのように対応するかがあります。非常にのどが渇いているとき、出してもらうとうれしいものです。つい出されてすぐ飲みたくなることがあります。マナーとしては、勧められてから飲むようにすることがあります。どうぞといわれてから、その後にいただきますなどの言葉で感謝を伝えて、飲むようにします。

PR情報